契約時の郵送物の扱い

どのように契約を進めるかによって変わりますが、来店不要でのWeb上での手続きを進めるカードローンの場合には後日に郵送物が届けられます。ローンカードや契約に関する書類となり、今後のカードローン利用を行う上でも届けてもらわなければならないものとなります。

 

届け先は基本的に自宅や勤務先となり、受け取り次第で借り入れが可能となる契約となっている場合もあるのでなるべくならスムーズに郵送物を受け取るようにしたいものです。ただ、郵送物が届けられるのはいいとしてもどのような封筒で届くのか、封筒を見られるとカードローン契約がばれてしまうのではないかと心配に思う方も少なくありません。

 

たしかに封筒にカードローンの契約書類在中やカードが入っているといったことが書かれていると、封筒を見られただけでカードローンの契約がばれてしまいます。それでは申し込みを内緒で進めたい実がなくなるので、心配に思うのも当然です。しかし、その点は安心して手続きが進められます。

 

というのも、どのカードローンサービスでもプライバシーはしっかりと守ってくれるので、封筒を見ただけでは借り入れが分からないようになっています。銀行でのカードローン契約であれば銀行の通常業務で使用される封筒で届けられるので、郵送物が届いても単なる銀行からの郵送物でしかありません。

 

中身さえ見られなければカードローン契約が分かることもないので、内緒での借り入れを進めたい方にとっても銀行のカードローンは安心ができるのです。

 

具体的な郵送物の内容について知りたい方は、申し込み前に郵送物の封筒に関して詳しく書かれているオリックス銀行カードローン契約の郵送物を見ておくと良いです。その他の銀行カードローンでの契約においても共通する部分が多いので、しっかりと見ておけば安心して契約まで進められるようになります。