口座があれば早くに利用開始

カードローンを利用する銀行によっては、契約までの間に口座を開設しなければならない場合があります。申し込み自体は口座がなくても行えますが、利用をするにあたって口座が必要となると開設をしなければならないのです。

 

口座開設の手続きの進め方は銀行によって異なりますが、多くは郵送による書類のやり取り、または店舗内に設置の契約機や無人の窓口を利用することとなります。契約機や無人窓口なら平日の夕方や土日でも手続きが進められますが、設置が無い銀行の場合には郵送での手続きとなるために時間がかかってしまいます。

 

口座を既にお持ちであれば早くにカードローン契約が行えるので良いのですが、口座開設が必要な銀行で口座を申し込み時に持っていない場合には、審査回答は最短即日などと早いとしても初回の借り入れまでには日数がかかると思っておきましょう。

 

繰り返しになりますが、口座を持っている銀行で借りるのであれば、最短即日で利用ができるカードローンもあります。エグゼクティブプランの優れた条件が魅力のみずほ銀行カードローンの借り入れ時間も口座があれば最短即日も可能としており、急ぎでお金が必要となってもみずほ銀行の口座があるならカードローン利用を考えるだけの価値があります。

 

ただ、口座を使う借り入れや返済の場合には通帳に履歴が残るため、家族に通帳が見られてしまう場合には注意が必要です。申し込みや契約を内緒にできても利用中の履歴でばれてしまっては意味が無いので、家族に内緒でカードローンを利用したい方は利用中にも気を配る必要があるのです。